NOTE

天地返し

天然菌手作り醤油の天地返し

表面に、多少、白カビ(産膜酵母)が来ておりましたが

害はないので、軽く取り除き、大豆の粒を潰さないように混ぜ込みました。

熟成はまだ先だが、うまいのなんの。

天地人。

天地を繋ぐのも返すのも人か。

FullSizeRender-1

不思議な光景

麦の収穫時期は梅雨と重なる訳で

丁寧に乾燥を行わないと麦にカビが生えてしまいます。

天日でしっかり乾燥させた後、雨が当たらない風通しがよい場所でゆっくり乾燥させていきます。

しかし、私の家には軒先が少なく雨が当たらずに干す場所がない。

そこで

そこで

家の中に干してました〜⭐︎かなり不思議な光景。

おかげさまで?カビる事なく麦が脱穀できましたとさ。

FullSizeRender

深く知る

とある監督とディナー。

現場では良くお会いするものの、深い話はできず。

初めて、お互いのバックボーンや仕事へのアプローチ方法などを語り合う。

目から鱗も落ち、とても充実した時間。次の物造りに生かそう。

語り合いたい方々が沢山だ。

 

ご恩返し

大変お世話になった方のお祝いイベントで司会を頼まれました。

ナレーションと司会は似て非なるものですが、ご恩を少しでもお返しできればと

お受けしました。場数も、テクニックもない訳で、お祝いの心を込めるのみ。

土台

大好きなお方より熟練の棟梁を紹介して頂き、農機具置き場を依頼。

大地を傷めず、それどころか大地の通気も促しながら建ててくださる。

仕事がオフの際にはお手伝い。

水杭を打ち
水貫で繋ぎ
水平をとり
水糸を貼って
土台の位置を定め
穴を掘り
砕石を敷き
タコで叩き
炭を入れ
焼き柱を建て
周りに掘った土や砕石を押し込む
突いて締める
真砂土を入れる
叩いて締める

こんな感じ。

習得までに最低3年だそうだ。

 

IMG_2878IMG_2874

つながる

つながる

ひろがる

お役にたてる

うれしいね

ざりがにくん

うちあわせ

前向きで素敵な人たちだ。

最善を尽くし楽しんで支え合う。

ありがたい。

 

3000

小さな小さな苗も大事に植え、3000本手植え終わりました。

ここからは草取りと水量管理に気を配っていきます。今年新たに整備した水路が活躍してくれるはず。

IMG_7662

ゆれる

お米の苗は、自分で育てているが、今年は苗の育ちが悪い。省みると、種籾の覆土少なかったか、翌日から大雨が続いたので種籾が表面に浮かんでしまったか、または違う理由からか。

1年に1度しか体験できない米つくり。このまま育ちが悪かったら、苗が余っている方から頂き植えようかなどと頭をよぎる。

違うな。

この失敗が今回の学び。育った苗を大事に丁寧に植え育てようと思う。

IMG_7676

スケジュール

私の仕事スケジュールは当日に決まることもある。

相変わらずの、スケジュール未定な生き物です。

当日ぽっかり空いたスケジュールを、必然!チャンス!と捉えて、農作業をしたり、デスクワークをしたり、友人知人に会いに行ったりと切り替えます。そんな生き物に、気持ち良くスケジュールを合わせてくださる皆様にこころより感謝。

1234...10...